山川直人/日常の椅子〜菅原克己の風景
(ビレッジプレス 2016年)




Amazon.co.jp : 日常の椅子―菅原克己の風景


チェロのレッスンで、最近よく指摘されるのが「オモテ」「ウラ」
表拍は強く、裏拍は弱く弾くのが基本であり、それを意識しながら演奏するように言われます。

 これがむつかしい!

音楽に自然なアーティキュレーションをつけるための第一歩なのですが、
私はオモテウラのない人間なのか、すぐ頭からすっ飛んでしまい、平板な演奏になってしまいます。
ほかにも音の切り方・つなげ方も大きな課題。
いま弾いてる音を次の音にどうつなぐのか、フレーズの流れを考えながら弾かねばなりません。

 ・・・ぐったり。

一時間のレッスンが終わると午後9時。
チェロを背負って、ひっそりとした住宅街を、車を止めてある駅前駐車場までトコトコ歩いていると、山川直人の漫画の登場人物になった気分。

山川直人といえば、ずっと以前「コーヒーもう一杯」をご紹介したことがあります。
個性的な絵柄、懐かしく抒情的で、ちょっぴり物悲しい作品世界がとっても魅力的。
単行本が出れば必ず買う作家さんの一人ですが、正直「最近ちょっとマンネリかな」と思っていました。

しかし、今年刊行された 「日常の椅子〜菅原克己の風景」 には久々に新鮮な感動をおぼえました。
これは詩人・菅原克己(1911〜1988)の詩から13編を選んでコミック化したもの。
菅原克己という人が、詩の世界でどれほど有名なのかは知りませんが、
やさしい言葉で小さな日常を描きながら、深いものを感じさせてくれる、素敵な詩人です。

山川直人が菅原克己を知ったのは、フォークシンガーの高田渡「ブラザー軒」という詩に曲を付けたものを聴いたのがきっかけだそうです。
たしかにこれはすばらしい。

 高田渡:ブラザー軒
 

山川直人「ブラザー軒」も、高田渡に負けない素晴らしさで、いい年をして思わず涙ぐんでしまいました(いや、お恥ずかしい)。
他の作品もすべて詩と漫画が絶妙にマッチして昇華され、完成度の高い芸術作品となっています。

菅原克己は、平易な言葉で市井の人の小さな暮らしを描くタイプの詩人のようです。
私の好きな詩人・吉野弘を連想します。
気骨のある人であったようで、巻末の略歴漫画によると、大学時代にストをして特高に逮捕されたり、
共産党に入って「赤旗」の編集に携わったり、活動のため警察に逮捕されたりしたそうです。
しかも1961年には共産党の方針に疑問を感じて党本部に意見書を提出、その結果、党を除名処分に。
ふだんは物静かですが、心に熱いものを秘めた人物を想像します、カッコイイじゃないかこの人。

何度でも読み返したくなる一冊です。

(2016.9.19.)



「ブラザー軒」より






Amazon.co.jp : 菅原克己全詩集
(買おうかどうか思案中)


「本の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ


「いろりばた(掲示板)」へ

コメントはこちらにどうぞ