ドビュッシー/管弦楽編曲作品集
(準・メルクル指揮 国立リヨン管弦楽団)



Amazon : ドビュッシー:管弦楽作品集第6集

Tower@jp : ドビュッシー/管弦楽作品集第6集

<曲目>
ベルガマスク組曲(クロエ&カプレ編曲)
小組曲、春(ビュッセル編曲)
白と黒で(ホロウェイ編曲)
交響曲ロ短調(フィーノ編曲)



親分:今年はクロード・ドビュッシー(1862〜1918)没後100年。 このあいだ「ソナタ集」のCDを聴いたよな。

ガラッ八:あー、あれ、地味で暗いアルバムでしたね〜。

親分:とんでもないこと言うやつだな!  世界中で50年以上聴かれ続けてる名盤だよ!
  ならば今回はちょっと派手というかカラフルなドビュッシー・アルバムを。
  ドビュッシーのピアノ曲を、他の人が管弦楽に編曲したものを集めた一枚。

ガラッ八:なるほどー、他の人が編曲ねえ。 いわゆる「他人の分度器でスモモをとる」というやつですね。

親分:意味が分からんわ! さっぱりわからんわっ! お前の住んどる異世界では分度器でスモモをとる儀式があるのかっ?

ガラッ八:まあまあ、細かいことは気にせず聴きましょうよ。

親分:うむ、まずは「ベルガマスク組曲」、前奏曲からムード・ミュージック風で、なかなか面白い。

 

ガラッ八:原曲とくらべるとユル〜イ感じというか、完全にライト・クラシックですな。 でも綺麗ですね。

親分:「こんなのドビュッシーじゃない!」と目くじら立てるよりも、「こういうのもありかな〜」と笑って楽しんだほうが吉だろう。
  アンドレ・カプレ編曲の「月の光」は、昔から親しまれている名アレンジ。

 (このCDの演奏ではありません)

ガラッ八:当たり前ですが原曲よりも色彩感たっぷりでスケール大きい! 「スーパームーン」でやんす!

親分:つづく「小組曲」はドビュッシーの友人アンリ・ビュッセル(1872〜1973)がドビュッシーの存命中に編曲した、作曲者公認の編曲。
  これも古くから親しまれている名編曲だ。

 (このCDの演奏ではありません)

ガラッ八:可愛らしくて洒落た組曲ですね、これ気にいりやした!
  親分の葬式にはエンドレスで流してさしあげますね。

親分:葬式が遊園地みたいになるからやめてくれ・・・って、勝手に俺を殺すなっ!
  つぎの「春」は、もとは2台のピアノと合唱のための作品で、ドビュッシー20代の若いころに書かれたもの。
  それを、1912年に50歳のドビュッシーみずからビュッセルに依頼して管弦楽に編曲した。
  「小組曲」の編曲がよほど気に入ったんだろうな。

 (このCDの演奏ではありません)

ガラッ八:うーん、いいですねー、ドビュッシーの管弦楽曲として立派に成り立っているでやんす。

親分:なおビュッセルは、ドビュッシーより10歳若い1872年生まれで、1973年(101歳)まで長生きした。
  パリ音楽院作曲科の教授を長く勤めたらしい。

ガラッ八:101歳! ドビュッシーの友達が大阪万博の後まで生きていたとは・・・不思議な感じがします〜。
  葬式では自分が編曲したドビュッシーを流したんですかねえ?

親分:知らねえよ、 いいかげんに葬式から離れろっ! 縁起でもねえやつだぜ。

ガラッ八:ところでこのCD、最後に気になる曲が。
  「交響曲」・・・? ドビュッシーは交響曲を書いてるんで?

親分:1880年、18歳のドビュッシーが書いた、ピアノ連弾用の「交響曲」だ。
  本人はそのうちオーケストレーションしようと思っていたのかもしれんが、結局そのままになってしまった。
  原曲のピアノ連弾版はこれだ。

 

ガラッ八:これまた可愛らしい曲でやんす。

親分:やはり10代のドビュッシーが書いた名曲「ピアノ三重奏曲」に似た雰囲気だな。
  古典的だが適度にロマンティックというか、とにかくセンスがいい、さすがは天才ドビュッシー。
  で、これをトニー・フィーノという現代の作曲家がオーケストレーションしたのが、本CDに収められた演奏。

 

ガラッ八:映画のサントラみたいな感じですが、綺麗で楽しく聴けますねえ。

親分:うむ、面白い切り口のドビュッシー・アルバムだった。

(2018.12.12.9)


その他の「ドビュッシー」の記事
ドビュッシー/3つのソナタ 神聖な舞曲と世俗的な舞曲
ドビュッシー/ピアノ三重奏曲
ドビュッシー/ピアノ独奏曲集成(安川加寿子)
ドビュッシー・リサイタル(田中希代子)


「音楽の感想小屋」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ


「いろりばた(掲示板)」へ

コメントはこちらにどうぞ