ハロルド・バッド/ la bella vista
(2003)


Amazon.co.jp : La Bella Vista

HMV : La Bella Vista icon


やあ、こんにちは。
わたし、環境音楽です。

「積極的に聴取されるのではなく、聞き手を取り巻く環境のひとつとなるべく」創られた音楽です。
音楽なのに、積極的に聴かれてはいけないなんて、 われながら因果というか逆説的な存在だと思いますね。
音楽仲間のなかで、ちょっと肩身が狭いです。

そうかと思えば、「環境用語」仲間のうちでもやや微妙な立場でしてね、わたし。
「環境」がつく言葉といえば、「環境ホルモン」「環境保全」「環境破壊」など、攻撃的・行動的な言葉が多いんですよね。
わたしなんか、完全なノンポリというか、何も考えていませんから、
こないだも仲間内で、

 「キミも『環境』を名乗るのであれば、地球温暖化についてどのような見解を持つのか明らかにしたまえ」

なんて言われまして。

 「寒いの苦手なんで、暖かいほうがいいですう〜」

なんて言ったら殴られそうになりましたよ。

ああ、ストレスたまる。。。
環境音楽でも聴いてまったりしましょう。


さて、環境音楽界の巨匠と言えば、ハロルド・バッド Harold Budd(1936〜)。
1980年に、ブライアン・イーノとのコラボレーションで"The Plateaux of Mirror"(鏡面界)という名作を発表しましたが、
その後もコンスタントに環境音楽ばかり製作しつづけています。

"la bella vista"は、ピアノ・ソロ・アルバム。
究極的にシンプルな音楽ですが、豊かな広がりを感じさせます。
一切の情緒・感情を排した音楽でありながら、なぜかロマンティックで暖かいその世界。

  Harold Budd : la bella vista (Full Album)
 

このアルバムは10曲からなり、すべてゆるやか、残響の多い録音。
メロディらしいメロディもありませんが、ひたすら気持ちよく聞き流せてしまいます。
まるで日向ぼっこをしているような気分、もうアルファ波がダダ漏れでございます。

(08.1.10.)



「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ