The Gentle Waves/Swansong for You
(2000)


Amazon.co.jp : Swansong for You


やっと、ゴールデン・ウィークです。
いやー、今月は仕事忙しかったなあ〜。
GW中は、休日出勤が1〜2回あるものの、まずまず休めるので、しっかり体力回復を。

遠出や旅行をする気力はありませんー。
幸か不幸か、中2の長女の部活(ブラバン)が毎日あるので、「どっか連れてけ」と言われることもありません。
今朝も体操服着てクラリネット持って、朝8時前に家を出て行きましたよ。

子供って元気ですねぇ&大変ですねぇ。
真似できません。
私は子供に生まれなくて良かったです。 (←このフレーズ盗作です)

・・・さて、疲れた大人が今日聴いてるのは、

 The Gentle WavesSwansong for You(2000)。

The Gentle Wavesは、
ベル・アンド・セバスチャンささやき歌姫イザベル・キャンベルのソロ・プロジェクト。

”Swansong For You” はセカンド・アルバム。
いやあ、もう盛大にささやいてます。

フォーク、ロックンロール、ボサノヴァ、そしてフレンチ・ポップ風、
さまざまなテイストの曲が収められていますが、この人が歌うとなんでも同じに聴こえます。

 イザベル歌えばみな同じ。

いや、けなしているのではありません。
この人の声、大好きであります。
セピア色がかったファンタジー映画のような(何じゃそりゃ)、懐かしい夢の声です。
ネコにマタタビ、木曽にイザベル、とろ〜んと陶酔しながら聴いてます。
家族は気味悪がってます。

 

美しいメロディに、シンプルで趣味の良いアレンジ、ハープシコードの使い方がお洒落ですな。
はっきりクレジットされていませんが、すべてイザベル自身の作品でしょうか?
だとしたらソングライティングの才能も物凄いってことに。
チェロも弾けるし、すごい才女。

へんな言い方ですが、洗練されすぎてないところがまた良いです。
インディ・レーベルからのリリースということもあり、どことなく手作り感&アマチュアぽさが漂います(それもまた計算?)

1999年にリリースされたファースト・アルバム"The Green Fields of Foreverland"もまったく同じ雰囲気のアルバム。
「入れ替え可能」といってもいいほどであり、これまた安心して聴けます。

 Weathershow(ファースト・アルバムに収録)
 

(08.4.29.)

ファースト・アルバムです

Amazon.co.jp : The Green Fields of Foreverland...


「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ