J・D・サウザー/ユア・オンリー・ロンリー(1979)
         ナチュラル・ヒストリー(2011)

Amazon.co.jp : You're Only Lonely Amazon.co.jp : Natual History
HMV : You're Only Lonely icon HMV : Natural History icon
Tower@jp : You're Only Lonely Tower@jp : Natural History


昔よく聴いたけれど、長いこと名前を思い出すこともなかったアーティストが、久しぶりにニュー・アルバムを出したと聞くのはうれしいもの。
懐かしさと期待にオッサンの胸はときめきます。

1970〜80年代、リンダ・ロンシュタットカーラ・ボノフが好きでよく聴いていたワタシ。
カーラ・ボノフと同じように、リンダに曲を提供していたJ・D・サウザーというアンチャンがいました。
なんと、リンダ・ロンシュタットの恋人だったこともあるそうです。
うーむ、うらやましすぎる野郎だ・・・

で、アルバム"You're Only Lonely"を聴いてみるとこれが素晴らしい。
流麗なメロディに、ソフトで艶のあるちょっとハスキーな歌声。 軟弱気味な歌詞がまたグッド。
うーむ、モテるのも当然かと深く納得し、耳にタコができるほど聴きました。
いまもほら、耳のこのあたりにタコの痕が・・・(←嘘)
よーし、これで私もモテモテに・・・・・・なんてことはまったくありませんでした。
 

 

リンダ・ロンシュタット"Prisoner in Disguise(哀しみのプリズナー)" "White Rhythm and Blues" "Simple Man, Simple Dreams"などの名曲を提供,
またイーグルス"New Kid in Town" "The Sad Cafe" "Heartache Tonight"などにも名前がクレジットされています。

ながらく活動休止状態でしたが、印税収入で優雅に暮らしていたみたいですね(う、うらやましい・・・)

2008年に25年ぶりにニュー・アルバム"If The World Was You" を発表(JAZZYでLATINな好盤です)
そして今年、旧作のセルフカバー・アルバム"Natural History"がリリースされました。
70〜80年代の自らのヒット曲を、抑制のきいたアコースティック・アレンジで歌う66歳のJ・D・サウザー、静謐でありながら豊饒な歌唱を聴かせてくれます。

若いころの張りには不足するけれど、ほど良く枯れた声は充分に魅力的。
うーむ、こういう渋いオッサンになりたいものだなあ。
よし、このアルバムを耳にタコができるほど聴いて、これで私もモテモテに・・・・・・なんてことはないですよね、はい。(←進歩してない)
 

なお私は深く考えずに輸入盤を買ったのですが、日本盤にはボーナス・トラックとして"Heartache Tonight" "How Long"が収録されているそうです。
は、早まった・・・。

(2011.12.5.)


「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ