カーラ・ボノフ/KARLA BONOFF (1977)



Amazon.co.jp : Karla Bonoff

HMV : Karla Bonoff icon

カーラ・ボノフ
アメリカの清純派シンガー・ソングライター(あるのか、そんな言葉?)といえば、この人。
リンダ・ロンシュタットにたくさんの曲を提供しています。

もっとも雰囲気はかなり違います。
リンダ大輪の薔薇の花とすれば、カーラ白い百合の花
リンダが、明るいクラスの人気者なら、カーラは、内気で目立たないタイプ。
同じ曲を歌っても、カーラのほうが、ひっそりと清楚なたたずまい。
言うてしまえば地味ですが、かえって飽きが来ないです。

とくにこのファースト・アルバムは、シンプルでアコースティックなアレンジのおかげもあって(予算がなかった?)
カーラの紡ぎだす美しいメロディをストレートに味わえます。
のびやかであっさり系の歌声も、どことなく初々しい。

カーラ自身が弾く、印象深いピアノのイントロで始まるトラック1"Someone to Lay Down Beside Me"は、
リンダ・ロンシュタットのヴァージョン(アルバムHasten Down the Windに収録)より、こちらのほうが好きかも。
歌は間違いなくリンダのほうが上手いのですが・・・まあ好みの問題。
ちなみにリンダ・ヴァージョンは、スケールの大きなアレンジで朗々と歌い上げるスタイル。

 

ピアノ1台のみで弾き語られる”Lose Again”(トラック3)も、リンダは力いっぱい大迫力で歌っています。
どちらのヴァージョンも素晴らしくて、聴き比べると面白いです。

 

リリースされているアルバムはわずか4枚。 寡作な人です。
なお第2作「The Restless Night(ささやく夜)」 (1979)も、名盤のホマレ高い一枚。

現在も、ソロおよび”BRYNDLE”というバンドのメンバーとして地道に活動しているそうです。

(06.5.12.)

P.S.カーラ・ボノフのライヴ・アルバムが発売されました→ココ (2008.12月)。


「お気に入り音楽箱(ノン・クラシカル)」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ