ヘンデル/メサイア
(ハリー・クリストファーズ指揮 ザ・シックスティーン)




Amazon.co.jp : Handel/Messiah

HMV : Handel/Messiah

Tower@jp : Handel: Messiah/The Sixteen


「メサイア」より「ひとりのみどり子が生まれ」(このCDの演奏ではありません)



去る12月11日の土曜日は、近くの大学のチャペルでの「メサイア演奏会」に行きました。
この大学の、毎年12月の恒例行事です。
今年は知人も出演していましたので。

綺麗なチャペルに響きわたる妙なる旋律。
キリスト教信者ではない私の胸にも沁みとおります。
心の穢れが洗い清められるようであります。
ありがたやありがたや なんまんだぶなんまんだぶ(←なんか違う・・・)

しかしいくら美しいとはいえ2時間半近い大曲
・・・いつしか私の意識は肉体を離れて天上へ舞い上がり、天使たちとたわむれていました。
「ハレルヤ・コーラス」で皆様が一斉に立ち上がったところで、地上に戻って来ました。

いやあ〜、綺麗だったなあ、良かったなあ。
また来年も寝に・・・じゃなかった聴きに行こう (←「もう来るな!」と言われそう)


ヘンデル「メサイア」のCDは何種類か持ってますが、よく聴くのはハリー・クリストファーズ指揮/ザ・シックスティーンによる録音。

理由は・・・なんとなくこれをウォークマンに入れちゃったから (←なんじゃそりゃー!)

いや、でも、とても良い「メサイア」だと思います。
少人数での演奏のため、サワヤカで風通し良く、妙な威圧感がありません。
室内楽のように軽やかであたたかい、生き生きとした「メサイア」が楽しめます。
何度か聴くうちに、「やっぱりこれでなくっちゃ」と思わせるだけの説得力を持つ名演。
単なる刷り込み効果かもしれませんけどね(←コラコラ)

もうじきクリスマス、サンタさんには是非こんな「メサイア」をBGMに、お仕事がんばっていただきたいものです。

(10.12.16.)


「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

HOMEへ