ペルゴレージ/スターバト・マーテル サルヴァ・レジナ ほか
(クラウディオ・アバド指揮 オーケストラ・モーツァルト)
(2007年録音)




Amazon.cp.jp : Pergolesi: Stabat Mater;; Salve Regina In C Minor

HMV : Pergolesi Stabat Mater/Abbado icon

Tower@jp : Pergolesi: Stabat Mater/Abbado


来年2010年は夭折の天才ジョヴァンニ・バッティスタ・ペルゴレージ(1710〜1736)の生誕300年

早くもメモリアル・イヤーをあてこんで
大指揮者クラウディオ・アバドが名曲スターバト・マーテルを再録音しました。

ほおー、意外と商売人ですねえ。


 ・・・で、買ってしまいました(←思うツボじゃん)


ロンドン交響楽団との旧盤(1983録音)はじつにロマンティックで典雅で、
この曲の代表的名盤の一つに数えられています。

新盤では、弦楽器を23人から15人に減らしています。
よっぽど予算がなかったんですかねー(←ちがうって)
より透明で純度の高い響きを実現するためですよね、もちろん。

驚くのがリュートの参加。
ポロロン、ポロロン、風情がありますが、
へえー、アバドがスタバトでリュートをねー、使うかー!?
という感じであります。
もう古楽器の世界に足半分突っ込んでるんですかねアバドさん。
そのうちヴィオラ・ダ・ガンバやフラウト・トラヴェルソを使いはじめるんじゃ?

それはともかく、いかにも21世紀のペルゴレージという感じの、
淡彩画風で透明な音楽、堪能いたしました。
レイチェル・ハーニッシュ、サラ・ミンガルドによる歌唱も清楚で軽やか。
ドラマティック、オペラティックな表現は注意深く避けられています。

カルミニョーラ独奏によるヴァイオリン協奏曲が収められているのも魅力です。
イタリアのまばゆい陽光のような(行ったことないけど)、明朗快活な曲、
スタバトとの対照の妙をお楽しみくださいです。

なんでもアバドは来年の生誕300年に向けて、
これからペルゴレージのCDを立て続けにリリースする予定なんだそうです。

こ、この商売上手〜。

・・・そして、またまた思うツボにはまりそうな自分がここに。

(09.12.2)


旧盤(1983録音)
Amazon.co.jp : Pergolesi: Stabat Mater

HMV : Pergolesi Stabat Mater icon



You Tube / ペルゴレージ:スターバト・マーテルより
(アバド指揮 1979年 ライヴ)



「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOME