ヴァスクス/弦楽四重奏曲第4番
(クロノス・カルテット)




Amazon.co.jp : Peteris Vasks: String Quartet No 4

HMV : Vasks String Quartet No.4 icon



ふう、疲れた・・・。

今日はちょっとハードな一日だったなあ。
帰ってベッドにひっくり返って疲れの取れる音楽でも聴こう。

疲れた時にベッドにひっくり返って(べつにひっくり返らんでも良いですが)聴く音楽、
いろいろ取り揃えておりますが、最近のお気に入りは


 ペトリス・ヴァスクス/弦楽四重奏曲第4番 (2000)


ヴァスクス(1946〜)は、以前「メッセージ」というアルバムをご紹介したことがあります。

ラトヴィアが生んだ流麗美麗音楽タレ流し男
哀切なまでに美しく、感傷的なまでにロマンティックでありながら、決して通俗に堕することなく、
なんかえらそーな、もとい気品のある音楽を作り上げる作曲家です。

この人の音楽はとにかく沁みます。
目をつむって聴いていると心が飛びます。
とろけそうになります。

2000年に作曲された弦楽四重奏曲第4番は、5つの楽章からなります。
第1、3、5楽章は静かで遅く、第2、4楽章は激しく急速。
ただし急速楽章は短いので、全体から受ける印象は「静謐」「神秘的」「瞑想風」

一歩間違えると退屈な音楽になるところですが、その研ぎ澄まされた美しさと緊張感は、聴くものの耳をとらえて離しません。

さあ、聴いてみましょう!

 第5楽章"Meditation"
 

 ・・・・zzzzzzz


 いきなり寝るんかい!!


いやー、やっぱり寝ちゃいました、気持ちよくて。

作曲者によると、20世紀最後の年に、過去100年間にこの世界で行われた破壊と殺戮を悼みつつ書いた作品であり、
一種のレクイエム的性格を持つ曲だとか・・・(寝たら申し訳ない?)。

しかしこの美しさ、心地良さには抵抗できないよ・・・・。


ヴァスクスでは、この曲も最近のお気に入りです。
   ↓
 Plainscapes
 

この”Plainscapes”という曲は、CDもDVDも未発売のよう。出たらぜひ買いたいです!

(11.3.5.)


「音楽の感想小屋」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ