スティーヴィー・レイ・ヴォーン/テキサス・フラッド
Stevie Ray Vaughan / Texas Flood
(1983)
 


Amazon.co.jp : テキサス・フラッド~ブルースの洪水

Tower@jp :テキサス・フラッド

HMV : Texas Flood icon

春も盛りの四月です。 桜は満開、お花見を楽しむ人々でにぎわっています。
この季節になると、つい考えてみたくなります、そう、

  お花見に最も合わない音楽は何か。 (相変わらずひねくれとるな〜)

やっぱりブルースかな。 (・・・まあ、グレゴリオ聖歌も合わんでしょうが)
ブルースと満開の桜、バーボンの花見酒、テキーラで花見弁当・・・
・・・あれ、なんだか合わんこともないような気がしてきたぞ。

天才ブルース・ギタリスト、スティーヴィー・レイ・ヴォーン(SRV)は、
1990年8月、次のコンサート地へ向かうヘリコプターが墜落し、35歳10ヶ月の生涯を閉じました。
ブルース・ギター界のモーツァルトと呼びたくなります(モーツァルトも35歳と10ヶ月の生涯でした)
そういえばジャコ・パストリアスも、奇しくもほぼ35歳10ヶ月で亡くなってますね。

生前に録音されたアルバムは4枚、どれも素晴らしいです。
「Texas Flood」はファースト・アルバム。
ぶっとい音で憑かれたように弾きまくるSRV、しゃがれた声で歌い上げ、とても楽しそうです。
やや荒削りながら、この一枚にやっぱりSRVの全てがあるよなあ、と思ったりします。
さらに、ロック方面・ジャズ方面へと、音楽的な幅を広げてゆきながら、その途上での突然の死。 
まさに伝説のギタリスト。

 Stevie Ray Vaughan : Texas Flood(LIVE)
 

今日は、iPod にSRVを入れて、公園の桜でも見に行くとしましょうか。
爛漫と咲き誇り、ぱっと散るに、SRVを、重ねてしまいそうです。
・・・あ、 iPod まだ持ってないんだった。

P.S.:SRVの生涯をうまくまとめたマンガを見つけました。 → クリック

(06.4.9.)


「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ