ペッテション=ベリエル/
交響曲第5番「孤独」&ヴァイオリン協奏曲

ミハイル・ユロフスキ指揮 ノールショッピング交響楽団 ウルフ・ヴァーリン(Vn)




Amazon.co.jp : Wilhelm Peterson-Berger: Symphony No. 5 "Solitudo"; Violin Concerto

HMV : Peretson=Berger/Symphony No.5 icon


またまた、「誰が聴くんだこれ?」みたいなCDのご紹介ですが、
良いのです良いのです、Going My Way なのです。 完全に開き直っております。

ウィルヘルム・ペッテション=ベリエル Wilhelm Peterson-Berger(1867〜1942)、スウェーデンの作曲家。
初聴きです。よろしくおねがいしますです。
英語読みなら、ピーターソン=バーガーですがペッテション=ベリエルとは。 
こ、これがスウェーデン読みなのかっ?!(←なにを興奮している)
ほとんど知られていない作曲家ですね。 私も最近まで知りませんでした。
長いので、「PB」と表記いたします。 「PLAYBOY」かい。

交響曲第5番「孤独」(1933)は、PB最後の交響曲。
タイトルからして、きっと冷たく厳しい、荒涼たる音楽に違いありません。
「悲愴交響曲」「南極交響曲」を足して二で割って、
雪を降り積もらせて凍結させたようなブリザード音楽に間違いないでしょうと、
期待にワクワクしながら聴いてみると (どういう趣味だ)全然違いました
 

冒頭、ホルンに登場する主題、いきなり民謡風で人懐こいこと人懐こいこと。
なんじゃあ、こりゃあ? ・・・しかし、・・・なんだか、あったかい雰囲気ですなあ。
「孤独」というより「憧れの田舎で悠々自適の一人暮らし」という感じですがな・・・(「サライ」かい)
ロマン派全開、前衛的なところはなく、映画音楽のように美しい楽章。
1930年代の音楽とは思えませんが、なかなか良いですねえ。
第2楽章スケルツォは、ピアノの使い方が面白くて、ヒョウキンな感じがグッドです。
雪の精が遊び戯れているようで、これまた全然孤独ではありません。
第3楽章アンダンテ・トランクイロは多少寂しげですが、ロマンティックで夢見がちな曲。 キレイですね。
第4楽章は、北欧舞曲風フィナーレ、元気ハツラツ・乱痴気騒ぎ系。
・・・って、いったいどこが「孤独」やねんっ!!!(←また興奮している)

なぜにこういうタイトルをつけたのか、解説を読んでもよくわかりませんでした(英文だし)
でも、つい口ずさんでしまいそうなメロディが、あちこちにちりばめられているのが魅力。

そしてPB唯一のヴァイオリン協奏曲(1928)、これは名曲!
構成はシベリウスのヴァイオリン協奏曲にクリソツです。
第1楽章が非常に長いこと、展開部の中にカデンツァが組み込まれていること、
第3楽章が荒々しいロンドであることなど。 かなり影響を受けてます。
ただし、全体としては、春の陽光に溶けてやわらか〜くなったシベリウスに、砂糖をひと振り、
あとはお好みでシロップをかけて召し上がれ、という感じの、浪漫ダダ漏れ、夢見る耽美軟弱系音楽でございます。
いやあ、個人的にはこういうの大好きです。
冒頭、重々しい和音に続き、ソロに提示される哀切で気高い第一主題に、私のハートはいきなりわしづかみ。
続いて木管に出る経過主題のキャラ立ってること。 たおやかな第二主題もロマン派ド真ん中。 素敵過ぎます。
素晴らしい! もっとやれー!(←まだ興奮している)
 

交響曲1〜4番も、これから聴いていくことにいたします。

(07.3.3.)


「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ