オトマール・シェック/3つのヴァイオリン・ソナタ
(Simone Zgraggen ,vn  Ulrich Koella , pf)


Amazon.co.jp : Othmar Schoek: The 3 Violin Sonatas

HMV : シェック/ヴァイオリン・ソナタ集icon



「知らない曲だけどジャケットが綺麗だから買ってみよう!」という、いわゆるジャケ買い、私もよくやります。
それほど結果は悪くないと思います。
やっぱりジャケットに力の入ったCDは、内容も手を抜いてないのでしょうか。
「演奏イマイチだったけど、ジャケットにお金かけちゃったから、録りなおす予算ないなぁ〜、このままいくか!」
なんてことは・・・ないんでしょうかね?

ところで、このCDにショップで出会ったら、みなさまどうされますか。
三つ揃いのスーツを着た、血色の悪い独裁者みたいなオッサンが、こちらをじーっと見つめています。
右手を後ろに隠してるのがアヤシイです。拳銃でも握っているのではなかろうか。
さりげなく視線をそらして、「目、合わさんとこ・・・」とつぶやきながら立ち去るのが普通ですね。

ところがしかしっ!!

これが素晴らしかったのです。
オトマール・シェックOthmar Schoeck(1886〜1957)、スイスの作曲家。 ちょうど没後50年ですね。
名前も知りませんでしたが、繊細にして耽美、優しく流れる涼風のようなロマンティックな作品ぞろい、
ストラヴィンスキーより4歳も若いですが、作風は保守的で、後期ロマン派・保守本流。
ブラームスを流麗&叙情的にしたような、とても親しみやすい音楽です。
フランクルクーのソナタよりも美しい瞬間があちこちに。 す、すごい、傑作だ・・・。
遅い楽章の優雅さがとくに印象に残ります。
ご本人は主に歌曲の分野で有名なのだそうです。 確かにメロディセンス良いですね。

シェックは、シュテフィ・ゲイエルStefi Geyer(1888〜1956)というハンガリー生まれの女流ヴァイオリニストに
片思いしていて、ヴァイオリン・ソナタ作品16は彼女に捧げられています。

 シェック:ヴァイオリン・ソナタ作品16・第3楽章
 

ちなみに、彼のヴァイオリン協奏曲「幻想曲風」作品21も、やはりシュテフィに献呈されています。
彼女に会うために楽譜を手にハンガリーまで行ったシェック、
しかし彼女は演奏旅行中で不在でした シェック! じゃなかったショック!(というかそれくらい調べとけよ)

結局シュテフィは別の男と結婚しますが、音楽家同士としての交流は生涯にわたって続いたそうです。
それってつまり「いいお友達でいましょう」ってことですか。 き、気の毒な男・・・。
そんなことを考えながら聴くと、なかなか胸に迫るものが。

次はぜひヴァイオリン協奏曲を聴かねばっ!(←何故に力が入る?)

(07.12.24.)



Stefi Geyer(なるほど美人さんだ)
バルトークも彼女に惚れてヴァイオリン協奏曲第1番を捧げました(←でも振られた)


「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ