バッハ&ヘンデル/リコーダー・ソナタ
ミカラ・ペトリ(リコーダー)、キース・ジャレット(チェンバロ)
(1991,1992年録音)

Amazon.co.jp : Bach: Six Sonatas

Tower@jp : Bach Sonatas
Amazon.co.jp : Handel Sonatas

Tower@jp : Handel Sonatas


「バッハは偉大な即興演奏家でした」(キース・ジャレット)


私が子供のころには「縦笛」と呼んでいたものですが、今は小学校でも「リコーダー」と言うのですね。
ムスメたちも一時、授業で使うリコーダーを持って帰ってきて、ピーピー練習してました。
私も刺激されまして、自分用に一本奮発しまして(木製!)
楽譜まで買ったりしまして(ヘンデル!)、子供と一緒に吹いてみたりしましたが、最近はすっかり孫の手代わり。
吹き口のところで背中コシコシ掻いてやると・・・ちょっと痛いな(おいおい)

さてこれは、モダン・リコーダーの女王、ミカラ・ペトリが、ジャズ・ピアニストのキース・ジャレットと共演したアルバム。
バッハヘンデルフルート(リコーダー)・ソナタをとりあげ、キースはチェンバロを弾いています。
異色の顔負わせですが、スンバラシイ。

ライナーによると、あえて入念なリハーサルはせずに、ほぼ一発録りで録ったようですが、
もう嬉しくなるほど生き生きした音楽です。
輝くような音色で自由な装飾を加えて吹きまくるペトリ
負けじと即興的なフレーズでぴったりつけるジャレット
息の合った、高次元のインタープレイが満喫できます。

バッハ、ヘンデルとも有名な曲が多く、私も複数のCDを持っていますが、
「楽しそうに演ってる」という点ではこのCD、ピカイチかも。
バッハ/ソナタBWV1033の第2楽章(トラック12)、風のように駆け抜けてゆくアレグロの何とスリリングなこと。
これぞ音楽、やっぱりこうでなくっちゃ。

ながらく愛聴しているお気に入りCDです。
バッハのジャケットで、キースの横から顔を出している黒猫は何者? いい味だしております。

(07.1.6.)

バッハ:リコーダー・ソナタ ヘ長調(ミカラ・ペトリ)
(伴奏は夫君です。第2楽章がカッコイイ!)


「お気に入り音楽箱(クラシカル)」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ


「いろりばた(掲示板)」へ