ゲーゼ/弦楽のための二つのノヴェレッテン
(オーヴェ・ラーセン指揮 オーフス室内管弦楽団)



Tower@jp : Gade/Novelletten

HMV : Gade/Novelletten


今年2017年は、デンマークの作曲家 ニルス・ゲーゼ(Niels Gade, 1817〜1890)の生誕200年。
おや場内から

 「誰やそれ?」 「知らんぞ」

という声が聴こえますね。

ゲーゼフェリックス・メンデルスゾーンの弟子筋にあたるお方。
以前、交響曲を何曲かご紹介したことがあります。

指揮者としても有能で、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲・シューマンのピアノ協奏曲の初演で指揮を担当、
メンデルスゾーン急死後は、ライプチヒ・ゲヴァントハウスの2代目指揮者に就任という、地味にスゴイ人であります。

そう、スゴイんですが地味でして、今年も生誕200年にもかかわらず、
まったく全然これっぽっちも盛り上がっていないことと言ったら、かえってすがすがしいほど。

ゲーゼの音楽の特徴は、メンデルスゾーンをさらに洗練させたと言えばいいのでしょうか、
優雅で上品で可憐で流麗で、重くなったり深刻になったりすることなく、
いつもにっこり微笑んでいるような、朝の木立を散策するような、お肌しっとり爽やか感が特徴です。

 はい、あまりにも上品すぎて記憶に残りません(泣)

多少は泥臭さやクセがあったほうが印象的でキャッチーですよね。
しかし、泥臭くなっちゃうとゲーゼでなくなってしまいます・・・。

2曲の「弦楽のためのノヴェレッテン」(作品53&58)は、まあ弦楽セレナードみたいなもの。

 ゲーゼ:ノヴェレッテン第1番 作品53
 

「弦楽セレナード」といえばチャイコフスキーが有名ですが、ゲーゼ聴いてからチャイコを聴くと、チャイコフスキーの「くどさ」「あざとさ」がよくわかります。
逆に言えばチャイコフスキーのほうが印象的かつ盛り上がるってことですけど。
しかし、ゲーゼのノヴェレッテンの控えめな優しさ、じつに捨てがたいです。
刺激的ではないけれど、聴くとホッとする音楽であります。

(2017.2.25.)


「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ


「いろりばた(掲示板)」へ

コメントはこちらにどうぞ