クラフトワーク/The Man Machine
(1978)


Amazon.co.jp : Man Machine


ガラッ八:親分こんちは〜。 

親分:おや、どうしたんで今日は。 赤いシャツに黒いネクタイなんか締めやがって、なにかの祭りか?

八:いやあ〜、このCDのジャケットがカッコ良くて、真似してみました。

:おお、このロシアン・アヴァンギャルド風ジャケット、クラフトワーク「The Man Machine」(1978)じゃねえか!

八:へい、アマゾンで980円でした。 口紅も塗ってみたのよん、ほら。

:わっ! 気色わるいっ! 寄るな・・・な・・・なにい〜、この名盤が980円!?

八:親分、例によって、昔に高く買いましたね。

:何度も聴いてモトはとってるからいいんだよ。
  テクノ・ポップの最高峰・ドイツの4人組・クラフトワーク、最高傑作とも言われる1978年作品だな。

 The Robots
 

八:音がスカスカなんですけど。

:リズムパターンだけみたいな音楽だが、決してチープなんて言っちゃいけない。 罰が当たるぞ。
  ある意味、余計なものをすべてそぎ落とした、究極のポップ。

八:ピコピコ、キュンキュン、ポコポコポコ。 やっぱりスカスカでチープです・・・でも聴きやすいでやんす。

:巧みなリズムパターンに覚えやすいメロディストイックメカニカルエレクトリックだけど、
  なんとなくユーモラスなところが魅力だなあ。 おれも久しぶりに聴き返してみるとするか。

八:あっしは「The Model」って曲が気に入りやした。 思わず口ずさんでしまいますね。

 

:俺は「Neon Light」の、のんびり・まったりした雰囲気が好きだなー。

 

八:ところで、クラフトワークって、まだ活動してるんで?

:90年代は開店休業状態だったんだが、2003年に17年ぶりのニューアルバム「ツール・ド・フランス」をリリース、
  昨年は初のライヴ・アルバム「Minimum-Maximum」を出すなど、完全復活、元気でピコピコしているよ。

八:やっぱりロボットは年をとらないんですね。

:彼らは人間じゃー!

(06.2.1.)


「お気に入り音楽箱(ノン・クラシカル)」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ


「いろりばた(掲示板)」へ

コメントはこちらにどうぞ