バッハ/インヴェンションとシンフォニア(弦楽版)
無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番
ジャニーヌ・ヤンセン(vn)ほか 2007年録音


Amazon.co.jp : Bach: Inventions & Partita

HMV : バッハ/インヴェンションとシンフォニア/ヤンセン icon

Tower@jp : Inventions & Sinfonia

親分:オランダ出身の若手ヴァイオリニストジャニーヌ・ヤンセンのバッハ・アルバムだ。

ガラッ八:ヴァイオリニストなら一度は作りたいバッハ・アルバムでやんすねー。
  で、無伴奏? ソナタ? それとも協奏曲でやんすか?

親:いやいや、なかなか面白い曲で攻めてきたぞ。
  ピアノ学習者が必ず悩まされる「インヴェンションとシンフォニア」を、弦楽二重奏&三重奏で演奏しているんだ。

八:そういや、ここの管理人のムスメも、かつてピアノの前で「キーッ!」って言ってましたね。

親:バッハの「ゴールドベルク変奏曲」なら、弦楽三重奏弦楽合奏で演奏したアルバムが複数出ているが、
  「インヴェンションとシンフォニア」はどうやら初めて。 いいところに目をつけたな。

八:で、聴いてみてどうでやんすか。

親:インヴェンションは、ヴァイオリンとヴィオラの親密な対話、いい感じ。
  シンフォニアはチェロが加わって三重奏になるが、弦楽作品としてごく自然に楽しめるので驚くほどだ。
  ヤンセンは音色に艶があるし表現力も抜群、単純な楽譜が見事な芸術作品として立ち現れる。
  これらの曲をピアノで弾いたことのある人なら、なおさら面白いかもな。

 2声のインヴェンション第13番
 

 3声のシンフォニア第2番
 

八:イヤな練習の記憶がよみがえって、「ギャー」って言う人もいるんじゃないですか。

親:うーむ、それはどうだろう。

八:ためしに、ここの管理人のムスメに聴かせてみましょうかね。

親:ま、そのうちにな・・・(最近怒るとコワイし)。 
  あとこのアルバムには、有名な「シャコンヌ」を含む無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番が収められている。
  独奏、二重奏、三重奏の作品をバランスよく収めた、面白いプログラムだ。

八:「シャコンヌ」は、ここの管理人がヒラリー・ハーンとかいうお姉ちゃんの演奏でよく聴いてますね。

親:ヤンセンは、ほぼ同年齢の若手女流ヴァイオリニストということで、ハーンとよく比較されるから、
  ハーンの録音、意識しているかもしれないな。

八:ハーンの「シャコンヌ」ってどんなでしたっけ。

親:ハーンの録音は、普通のヴァイオリニストなら13〜4分で弾くところを、17分半もかけた超スロー演奏。
  しかし荘厳さといい、スケールの大きさといい、もう最高だ。
  わずか17歳でここまで個性的な演奏をするとは、空恐ろしくなるほどの才能だな。

八:うわあ、べたほめでやんすね。 それで、ヤンセンはどうなんですか。

親:ヤンセンもいいぞ。 彼女は逆に、若々しく疾走感のある「シャコンヌ」を聴かせてくれる。
  奇をてらったところはないが、ハーンに劣らない貫禄の名演だ。 ちなみに演奏時間は13分19秒。
  しかし、このアルバムの売りはやはり「インヴェンションとシンフォニア」のほうだな。
  ヴァイオリンで弾いてもこんなに典雅で魅力的な音楽だとは・・・選曲の妙。
  まさに「コロンブスの卵」だ。

八:あ、それ知ってます。 卵を立てるにはどうするかって話ですよね。

親:ああ、おめえでも知ってるんだな。

八:「でも」とは失礼な。 こうするんですよ、卵をテーブルにゴンと打ちつけて・・・。

親:わあー、それは生卵だあっ!

八:ひいー、大惨事でやんす!!

(08.2.29)





「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ