シューマン/ダヴィッド同盟舞曲集 作品6 ほか
(マリアナ・イズマン 独奏)






皆様は子供のころ「ひみつどうめい」を結成したことはありますか?

私はあります。

お向かいのノブオくんや、同級生のヒロタカくんなどと、
あるとき、せいぎの「ひみつどうめい」を結成したのです。
近所の空き地に捨ててあったベニヤ板と段ボールを組み合わせて、
立派な「ひみつきち」もつくりました。
この基地を拠点に「せかいのへいわ」を守るのが使命でしたが、
日が暮れても帰ってこないのを心配した親が探し回ったりして、
かえって町内の平和を乱してしまいました。

そういえば大作曲家にも似たような人がいます。

それはロベルト・シューマン(1810〜1856)。

彼は「ダヴィッド同盟」という組織を結成し、
27歳のときにピアノ曲「ダヴィッド同盟舞曲集 作品6」を作曲しました。
この同盟の趣旨は、「保守的な音楽を打破し、新しい音楽芸術を打ちたてよう」というもの。
主要メンバーは、情熱的な活動家のフロレスタンと、物静かで冷静なオイゼビウス
もっとも、このふたりはともにシューマン自身が作り出した架空の存在で・・・


 ・・・要するに脳内フレンドやんか!


さすがにメンバーが脳内フレンドだけでは寂しい(というか危ない)と思ったのでしょうか、
同じく「ダヴィッド同盟」がからんだ「謝肉祭 作品9」では
「キアリーナ(クララ・ヴィークの愛称)」「ショパン」なども登場します (ひょっとして無理やり?)

「ダヴィッド同盟舞曲集」は、いわば音で描いたフロレスタンとオイゼビウスのポートレート
18の短い舞曲からなり、フロレスタンを表す活発な曲と、オイゼビウスを表す静かな曲が
ほぼ交互に現れます。
初版はシューマンでなく、「フロレスタンとオイゼビウス」の名前で自費出版(1838)。
なんだか若気の至りがそのまま楽譜になったみたいな代物ですが、
さすがは天才シューマン、若々しく、溌剌として、ロマンティックで、夢見がちで・・・・・・じつに素晴らしい名曲であります。

こういう曲は、大家・巨匠の堂々たる演奏で聴くよりも、
若いピアニストによるピチピチした演奏のほうがふさわしいのではないかと思いまして、
モルドヴァ共和国生まれの若手・マリアナ・イズマンのCDを。

ブリリアント・レーベルからのリリース、2008年の最新録音です。
素直で美しい演奏、とても気持ちよく聴けます。

(09.7.8.)


ダヴィッド同盟舞曲集より(このCDの演奏ではありません)



「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ