坂本龍一&モレレンバウム夫妻/CASA 
Morelenbaum2/Sakamoto : CASA
(2001)




Amazon.co.jp : Morelenbaum 2/Sakamoto: Casa

Amazon.co.jp : カーザ

HMV : casa

Tower@jp : Casa


ガラッ八:親分こんちはー。 また夏がやってきやしたね。 お、涼しそうな曲が流れているでやんす。

親分:夏の音楽といえば、ボサノバ。 爽やかでいいだろう。

:長いこと散髪してないあっしの髪もボサノバですけど、あんまり爽やかじゃないし、暑苦しいでやんす〜。

:わ、寄るなっ! フケが飛ぶっ! そんなもん早く切っちまえ、いや剃っちまえ!

:たしか去年の夏は、キャノンボール・アダレイCannonball's Bossa Novaを聴いてましたね。

:うむ、あれはいいアルバムだったな。 
 今日聴いてるのは、坂本龍一が、ボサノバの巨匠、アントニオ・カルロス・ジョビン(1927〜1994)の曲を演奏したCDなんだ。

:へえ、サカモト教授、ボサノバを歌うんで?

:いやいや、坂本龍一はピアノとアレンジ担当。
 歌っているのはパウラ・モレレンバウムという女性シンガー、夫のジャケス・モレレンバウムもチェロで参加している。
 モレレンバウム夫妻は、晩年のジョビンのバンドのメンバーだっただけあって、とても心のこもった演奏をしている。

:きれいな声ですねー、この人。 ふわーっといい気持ちになるでやんす。 
 それに、ボサノバとチェロ、不思議に合いますねー。 クラシックっぽくて、いい感じ。

:収録曲は有名なものは避け、渋い曲ばかり選んでいるが、なかなかどうして、いい曲ぞろい。

:ああ、どうりで聴いたことのあるメロディが全然出てこないでやんす。 でも、すーっと聴けてしまいますね。

:ボサノバ・アルバムとして、とても完成度の高い作品だと思うなあ。
 このCDは、リオデジャネイロのジョビンの邸宅で録音されている。
 ピアノも、生前ジョビンが使っていたものをそのまま使っているそうだ。

:ボサノバの巨匠、ジョビンの邸宅ですか〜。きれいな家でしょうね〜。

このビデオで、試聴しながらジョビン邸の様子も見られるよ。
 

:でっかい風呂がありますねー。

:そりゃプールだよっ!

:で、ジョビンの霊はどこに写ってるんで?

:誰がそんなものが写ってるって言ったよ! ここは心霊スポットかっ!? 「あなたの知らない世界」かっ!?

:・・・親分、こんな静かな曲聴きながら、よくそんなに興奮できますね。

:お前が興奮させとるんじゃー!!

(06.7.4.)

「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ