キャノンボール・アダレイ/CANNONBALL'S BOSSA NOVA (1962)



Amazon.co.jp : Cannonball's Bossa Nova


ガラッ八「親分こんちは。 いつまでも暑いっすね〜。」

親分「おう、八かい、まったく暑くてたまらねえぜ。」

「ところで、こんなCD買ってみたんですが、一緒に聴きませんか。
  親分、顔に似合わずボサノヴァ好きでしょ。」

「顔に似合わず」は余計だ。 お、「キャノンボールズ・ボッサ・ノヴァ」か。 
  お前こそ顔に似合わず趣味がいいねえ。

「お互い顔の話は止めやしょう。 これ、アマゾンで980円でして、安かったんで買ってみやした。」

「な、なにい〜、この名盤が、980円!!」

「へえ、これって名盤なんで?」 

「60年代ボサノヴァ・ブームの頃、スタン・ゲッツ、ポール・デズモンドなどのジャズ・ミュージシャンが「ボサノヴァ・ジャズ」のアルバムを次々に録音した。
  これはアルト・サックス奏者・キャノンボール・アダレイの、ボサノヴァもの。
  ジャケットは観光絵ハガキみたいでダサダサだけど、大らかで伸びやかな、いーいアルバムだ。
  とにかく、聴いてみようぜ。」

 

「ウーン、明るくて暢気な感じが、確かにあっし好みですねえ。」

「キャノンボール以外には、純粋なジャズ・ミュージシャンが参加していないのが特徴だ。
  たまたま(?)アメリカを訪れていた、ボッサ・リオ・セクステットというブラジル人若手グループをバックに、わずか5日で録音されたんだ。」

「なんだか適当でやんすねえ。」

「しかし、ジャズ専でない連中と、たちどころに親密な演奏を繰り広げる、  キャノンボールのフトコロの深さはたいしたものだ。
  そして、ピアノを弾いているのは、当時まだ無名だったセルジオ・メンデス。」

「サッカー解説でおなじみのオジサンですね。」

「ちがうーっ! のちに「ブラジル66」を率いて「マ・シュケ・ナダ」などを大ヒットさせた、  ブラジリアン・ミュージックの大御所だい!」

「はあ、「マハラジャ」を作った人ですか。」

「・・・おまえ、わかってて俺をからかってないか? まあいい、そろそろまとめるぞ。
  洒落たブラジリアン・サウンドと、暖かく大らかなアダレイのサックスの組み合わせは、とにかく最高なのだっ!」

「アマゾンで980円だったけど、期間限定かもしれませんからご注意くださいね。」

(05.8.20.記)



「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ