「時の娘〜ロマンティック時間SF傑作選」
(創元推理文庫 2009年)



Amazon.co.jp : 時の娘 ロマンティック時間SF傑作選 (創元SF文庫)


誰でも、「時間よ止まれ!」とか「時よ戻れ!」と思うことって、ありますよね。
私は朝、遅刻しそうなときによく思います。
あとは、飲みすぎた翌日ですね。
「ゆうべに戻って、あの最後の一杯を飲まなかったことに・・・うぷっ!」
もちろん、時間は戻りません。
つらく悲しいことです(←自業自得やんか!)


さて、「時の娘」というから、ジョセフィン・テイの名作推理小説かと思ったら、
「ロマンティック時間SF傑作選」でありました。
すべて海外作品です。
広く知られた作品は避け、「隠れた傑作」を集めています。
読んだことのある短編はひとつもありませんでした。

気に入った作品をいくつかご紹介。

ウィリアム・M・リー「チャリティのことづて」
1700年の少女と、1960年代の少年の心がつながってしまうという
「時代を超えた愛」の王道パターン。
パターンどおりですが、やっぱりいいですねー。
岡崎次郎の漫画「アフター0」に、よく似た設定の作品があります
第6巻所収の「800年のメッセージ」)。

デーモン・ナイト「むかしをいまに」
「逆転する時間」というワンアイディアを押し通した技巧的な一編。
こういうの好きだなあ。

ジャック・フィニィ「台詞指導」
まごうことなき「フィニィ印」です
昔のニューヨークが大好きなフィニィ。
作者名を伏せられても、これならわかる自信あります。
安心して読めるノスタルジックな佳編。

必死で体を鍛えて10年前にタイム・トラベルした男が突然登場する
バート・K・ファイラー「時のいたみ」
肉体はタイム・トラベルできても記憶や精神はできないという設定。
自分はいったいなんの目的で過去に戻ったのか・・・?
ほろ苦いラストが印象的。

ロバート・F・ヤング「時が新しかったころ」
「たんぽぽ娘」が有名なヤングですが、この作品は恐竜時代を舞台にしたアクションもの。
「こういう作品も書くんだな〜」と思ったら、オチは「たんぽぽ娘」と同じでした!
名作「たんぽぽ娘」とあわせてお読みください。
(「たんぽぽ娘」は、河出書房「奇想コレクション」より近刊の予定です)


つまらない作品がひとつもない、中身の詰まった名アンソロジー。
秋の夜長の読書にふさわしい一冊と言えましょう。
万が一タイム・スリップしてしまったときの心の準備にも好適です。

(09.10.25)


「本の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ