ジョニー・ソマーズ/ソフトリー、ザ・ブラジリアン・サウンド
Joanie Sommers/Softly,The Brazilian Sound
(1964)



Amazon.co.jp : ソフトリー、ブラジリアン・サウンド

Amazon.co.jp : ソフトリー、ブラジリアン・サウンド(紙ジャケット)

Amazon.co.jp : Positively the Most/Softly, the Brazilian Sound(2 in 1)


魅惑のシュガー・ヴォイス


ジョニーといっても女性です。
大好きなボサノヴァ・アルバム。

シルキーなストリングスに、フルートとヴィブラフォンが色どりを添え、
ローリンド・アルメイダのギターが控えめにボサノヴァ・リズムを刻みます。
はっきり言って、めちゃくちゃナンパなサウンドです。
そして当時23歳のジョニー・ソマーズ Joanie Sommers のハスキー・ヴォイスの魅力。
いつまでも聴き飽きません。

ボサノヴァといえば、けだるい感じというか、少しめんどくさそうにボソボソ唄うのが、逆にカッコ良かったりしますが
アストラッド・ジルベルトなんか典型)、ジョニーは、声を張り上げ気味で一所懸命です。
「熱唱型ボサノヴァ」・・・というのは言い過ぎですが、なかなか新鮮。

全12曲、捨て曲なし。
とくに、マイ・フェア・レィディ"I Could Have Danced All Night"のオシャレ・ボサノヴァ仕立て(トラック7)、
哀愁を帯びたメロディが悶絶的に素晴らしい"You Can't Go Home Again"(トラック9)、

 You Can't Go Home Again(名曲!)
 

切々と噛み締めるように唄われる"Carnival(黒いオルフェ)"(トラック10)などは絶品。

残念なことに、ちょっぴり入手困難らしいです。 名盤なのになあ。

 I Could have Danced All night
 

(06.10.6.) 







「お気に入り音楽箱(ノン・クラシカル)」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ