ジョニー・ソマーズ/Look Out ! It's Joanie Sommers
(1962〜63録音)



Amazon.co.jp : Look Out It's Joanie Sommers

HMV : Look Out ! I'ts Joanie Sommers icon

Tower@jp : Look Out It's Joanie Sommers


ガラッ八:やっと秋らしくなって来やしたねえ親分。

親分:今年の夏は本当に暑かったな。

:まったくです〜、脳みそがトロけちゃうかと思いましたよ。

:お前の脳はとっくにトロけてバターになってるじゃねえか。

:「ちびくろさんぼ」のトラですかい!

:まあそれはそれとして、ようやく秋だ。 秋の夜長には、ジャズ・ヴォーカルがよく似合う。
  たとえばこの、ジョニー・ソマーズなんかどうだ。

:ジョニーって名前のわりに、可愛い声してますねえ。 顔も女の子みたいでやんす。

:女だよっ! "Johnny"じゃなくて"Joanie"だから、そこんとこ、よろしく。
  それにしてもこの声、いいと思わねえか。 ちょっと鼻にかかったのびやかなハスキー・ヴォイス、
  「シュガー・ヴォイス」と呼ばれたらしいぞ。

 Daddy
 

:たしかに甘い声でやんす。 「キュート」って死語をつい口走ってしまいそうになりやすね。

:死語かな「キュート」?
  これは1962〜63年にかけて、Navy Swingsという15分ラジオ番組のために録音された曲を集めたアルバム。
  バックは Shelly Manne’s Quintet Bobby Troup Sextet という豪華さだが、
  わずか21歳のジョニー・ソマーズ、臆することなく互角に渡り合っている。

:20曲と、たくさん収録されてますが、どの曲も2分そこそこ、短いでやんすね。番組の収録時間の関係でしょうかね。

:でもかえって、次々に目先というか耳先が変わって退屈しねえな。

:小さな宝石がたくさん詰まった箱みたいで楽しいでやんすね。

:顔に似合わねえ洒落たことを言いやがって。
  ジョニー・ソマーズなら、"Softly, The Brazilian Sound"(1964)というボサノヴァ・アルバムも名盤だが、
  はじけるような若さが魅力的なこのアルバムも、決して負けていないと思うぞ。

:はじけるような若さ・・・親分には縁がなくなって久しいフレーズでやんすね。

:なあに、そのかわりに渋い大人の男としての魅力が・・・。

:全然ありませんってば(断言)

(07.9.27.)




「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ