ラヴェル/左手のためのピアノ協奏曲

フランソワ/Debussy, Ravel: Piano Works ラヴェル:ピアノ協奏曲(ロジェ)


みなさまこんにちは。
「のだめカンタービレ」第21巻が発売されました。
パリ編もまもなく大詰めかなあ〜。
人間ドラマが深みを増してきました。
シュトレーゼマンがメフィストで、のだめがファウストになるとは・・・。
と、なると千秋はマルガレーテ???

そして今回も、ラヴェル「ピアノ協奏曲ト長調」をはじめ、
黛敏郎「BUGAKU」(これ名曲!)ベートーヴェン「ピアノ・ソナタ第31番」
ドビュッシー「ピアノのための『映像』」グノー「ファウスト」など、渋い音楽が次々登場します。
ホント選曲がいいなあこのコミックは。

なかでもラヴェル/ピアノ協奏曲 ト長調は、この巻のクライマックス。
千秋孫Rui の演奏場面からは、いまにも音楽が聴こえてくるよう、圧巻です。


Amzon.co.jp : のだめカンタービレ #21


・・・し、しかし、じつはラヴェルの協奏曲では、

 「左手のためのピアノ協奏曲」

のほうが好きなんですよねぇ私は(←ひねくれもの)
それどころか、一番好きなラヴェルの作品を選べと言われたら、多分この曲を選んでしまうくらい大好きで、思わずポケットスコアを買ってしまったほどであります。

確かに妙な曲ではあります。
単一楽章で、はっきりした形式もありません。
地獄の底から聞こえるようなコントラバスコントラファゴットのうごめきで始まるので、
「よく聴こえないなあ」とヴォリュームをあげると、ピアノが登場してくるあたりで必ず「うるさいっ!」と、また下げることになります。
でもこの大見得を切るようなピアノの登場、カッコイイんですわ。

そして中間部のジャズっぽい展開のお洒落なこと。
イマジネーションの自由さに、ただただ翻弄されます。
ラヴェルは自筆譜にmusae mixtatiae(戯れる女神たち)と書き込んでいるそうですが、まさしく言いえて妙かなと。
さらに終盤の、片手で弾いてるとは思えない超絶技巧カデンツァのカッコよさ!!

叙情性、重厚さ、荘重さ、諧謔、ジャズ、そして東洋趣味、あらゆる音楽の諸相を自由に横断する20分間の魔法
なんというスンバラシイ傑作でしょう。

ラヴェル/左手のためのピアノ協奏曲(ユジャ・ワン凄い・・・)



ディスクは、曲のデモーニッシュな面をしっかり聴かせてくれるフランソワ/クリュイタンス盤が定盤的名演ですが、録音の古さがもどかしい箇所も。

ロジェ/デュトワ盤は録音最高、そして演奏は明るく健全。
もうちょっと陰影が・・・というのは無いものねだりでしょうか?
でもこれもお気に入り。

1976年、45歳で自動車事故のため他界した、ギーゼキングの直弟子ウェルナー・ハースの演奏も、意外にと言っては失礼ですが素晴らしいです。
骨太でたくましい堅実な音楽ですが、叙情性や洒脱さにも不足しません。

ラヴェル自身も愛用した1905年製エラール社のピアノなど、
オリジナル楽器を用いたインマゼール指揮/アニマ・エテルナ盤(ピアノはクレール・シェヴァリエ)もいいですねぇ。
テンポは遅め、典雅で落ち着いた独特の音色を楽しめます。
もちろん録音は最上、そして「亡き王女のためのパヴァーヌ」「ボレロ」など、ラヴェルのベスト的傑作をオリジナル楽器で聴くのもなかなか興味深いのであります。

(08.8.16.)

ウェルナー・ハース/ラヴェル・ピアノ曲全集 インマゼール/アニマ・エテルナ:ラヴェル



「お気に入り音楽箱(クラシカル)」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ


「いろりばた(掲示板)」へ