バッハ/フーガの技法
(エマーソン弦楽四重奏団)




Amazon.co.jp : The Art of Fugue

HMV : The Art of Fugue

Tower@jp : Emerson String Quartet/The Art of the Fugue


フーガの技法 より コントラプンクトゥスT(弦楽四重奏による)(このCDの演奏ではありません)





J・S・バッハ「フーガの技法」は、楽譜に楽器指定がありません。

作曲にあたり、バッハがどの楽器を想定したのかは長いあいだ謎だったのですが、
音楽学者の地道な研究の結果、いまでは

 ペダルなしの鍵盤楽器(オルガンではなく、クラヴィーア、フォルテピアノなど)のために作曲された

ということが、ほぼ明らかになっています。


さて、その研究成果を土足で踏みにじるのがこのCD。
現代を代表する四重奏団であるエマーソン・カルテットが、
弦楽四重奏で演奏した「フーガの技法」(2003年録音)です。
もちろん古楽器なんか使いません、それどころか1990年前後に作られた
サラピン(←死語?)の楽器をブイブイ鳴らして、痛快ですらあります。
もちろんヴィヴラートもありです。

そしてなんともはや見事な演奏です。

 4つの楽器が織りなす、硬質でつややかなタペストリー。
 どこにも隙のない、厳密な音の幾何学。
 不純物を徹底的に濾過した響きの遊戯を、分析的にひもといてゆくエマーソンSQ。
 静かで濃い時間が、心地良く流れていきます。

同一主題によるフーガが何曲も続く曲集ですから、
盛り上がるとか心躍るとか萌えるとかいった要素は皆無(コントラプンクトゥス\のみ盛り上がります)
むしろ作品中に抽象的な美を見つけ出す、現代音楽的な鑑賞態度が必要になります。
250年も前にこのような曲を作るとは・・・。

この曲を愛好したグレングールドの演奏は、非人間的なまでの美を感じさせる名演。
比べるとエマーソンSQの演奏、あまり冷え冷えとした感触はありません。
弦の響きは、どうしてもひとの息遣いを感じさせるのでしょうか。

幾何学のようだった「フーガの技法」が、
しだいに敬虔な祈りのようにも、諄々とした語りのようにも聴こえてきて、
気がついたらなにやら感動していた・・・、
というグールドに鼻で笑われるような感想を抱いてしまいました。
まあ、こういうのもありなんじゃないでしょうか、私は好きです。

 フーガの技法 より コントラプンクトゥス\(エマーソン四重奏団)
 

(11.10.6.)



「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ