フォルトゥナート・ケッレリ/ギャラント様式による6つのソナタ
(ルイジ・キアリジア:チェンバロ 2017録音)



Tower : ケッレリ/ギャラント様式による6つのソナタ



通販サイトでオススメに出てきたCD。

フォルトゥナート・ケッレリ/ギャラント様式による6つのソナタ

Fortunato Chelleri (1690〜1757)名前すらはじめて聞く作曲家ですが、なんとなくポチっとしてしまいました。
イタリア生まれだそうです。
J・S・バッハより5年遅く生まれて、7年遅く亡くなってます。
国は違えどほぼ同世代ですね。

 ソナタ第3番ホ短調よりアレグロ (劇的でダイナミックなアレグロ)
 

こ、これはっ、俺の好みにピッタリだぜ!
秘孔を突くようにハートのど真ん中にストライクを投げ込んでくる最近の通販サイト、おそるべし。

曲は優美で名前も可愛らしいのでてっきり女性で、ジャケット写真の瞳孔間距離の広いオネーチャンが作曲者かと思ったら違いました。
こんなに恰幅の良いオッサンでありました。
ちょっとバッハに似ている・・・でも音楽はかなり違います。

 

パルマの出身で、フィレンツェ、バルセロナ、ヴェネツィアなどで貴族に仕えたあと、ドイツでバンベルク伯とヘッセン伯に仕え、
さらにはスウェーデンのストックホルム宮廷楽団で働いたそうです。
転職・転勤の多い人生ですね。

ストラヴィンスキーのバレエ音楽「プルチネルラ」には、ケッレリの作品を原曲とした曲があるそうです。

 ソナタ第2番ヘ長調よりアレグロ (活気に満ちたアレグロ)
 

どの曲も上品で洗練の極み、しかもキャッチーです。
耳を惹きつけるフックが効いたフレーズがあちこちに仕込んであります。
これはタダモノではありません、天性のセンスを持った非常に腕の立つ作曲家です、いままで知らなくてごめんなさい。

 ソナタ第1番ト短調よりメヌエット (シンプルで可憐なメヌエット)
 

「ギャラント様式」とはバロック時代の終わり、18世紀中盤に出現した音楽スタイルで、特徴は主旋律と伴奏がはっきり分かれること。
バロックのフーガや対位法は廃れ、古典派の確固とした形式はまだない、過渡期ならではの自由さが魅力であり弱点でもあります。
まあ過渡期だろうが加藤茶だろうが、こんだけ気持ちよければOKです。
なおバッハはそのころになってもまだ厳格なフーガを書いて、後輩のヨハン・アドルフ・シャイベから批判されました。
いまでこそ「身の程知らずに大バッハを批判した無知な若造」扱いされてるシャイベ君ですが、当時の音楽の流れからするとそれほど的外れではなかったのです。

 ソナタ第5番ハ長調よりジーグ (元気はつらつ!)
 

イタリア生まれでドイツ・スウェーデンで活躍した作曲家ですけど、なぜかフランスっぽい香りがします。
ソナタ第6番のアレグロの同音反復など、ラモーのクラヴサン曲を連想させます。

 ソナタ第6番ト長調よりアリア〜アレグロ (後半の執拗な同音反復が面白い)
 

(2022.03.27.)

「更新履歴」へ

「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚 (索引)」へ

HOMEへ


「いろりばた(掲示板)」へ

コメントはこちらにどうぞ