グロリア・エステファン/Cuts Both Ways(1989) Into the Light(1991)

Amazon.co.jp : Cuts Both Ways Amazon.co.jp : Into the Light


大学4回生の長女が夏休みで帰省してきました。
就職も無事内定し、単位も揃い、あとは春までに卒論をでっち上げればよい気楽な御身分。
まあ、仕事が始まったら、いろいろ大変なこともあるだろうから、今のうちはのんびりさせてあげましょう。
大学は関西だけど就職先は東京です。 将来四国に帰ってくることはたぶんないでしょうね、ちょっと寂しいな。

その長女が3歳くらいの頃、繰り返し見ていたのが、グロリア・エステファン"Live for Loving You"のPV。

 

もうこれが好きで好きで、「らーびゅーみる! もっかいみる!」
レーザーディスクを一日10回以上再生して、テレビの前で踊っていたものです。

先日You Tubeで見つけて懐かしかったので、帰省した長女に見せたら、

 「微妙にエロい・・・。これ見て踊る三歳児だったのか私は・・・」

ショックを受けていましたが、そんなにエロいかなこれ?

それにしても90年代にはよく聴きました、グロリア・エステファン
とくに好きだったのは、1993年の"Mi Tierra""Live for Loving You"が入ってる1991年の"Into the Light"、そして1989年の"Cuts Both Ways"の3枚。

このころのグロリア・エステファンは脂がのっているというのか、どれもこれも傑作ぞろいです。
"Oye Mi Canto"("Cuts Both Ways"収録)なんて、いま聴いてもつい聴き入ってしまいます。
情熱的なPVもサイコーで、レーザーディスクで何度も繰り返し見ました(←娘のこと言えない)。

 

"Don't Wanna Lose You"("Cuts Both Ways"収録)も不朽の名曲、グロリアの作曲能力すごいです〜。
PVでは「アメリカン・バレエ・シアター」を起用、コンテンポラリー・バレエとコラボという、当時としてはかなり「攻めた」作品。
幻想的な短編映画みたいな味わいに感銘を受け、これもレーザーディスクで何度も繰り返し・・・(←ホントに娘のこと言えない)。

 

今回十数年ぶりに聴きましたが、いま聴いてもまったく色あせていません。
電子音や打ち込みをあまり使っていないせいでしょうか、やはり楽器の生音は時代に左右されませんね。

(2017.08.20.)

「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ


「いろりばた(掲示板)」へ

コメントはこちらにどうぞ