Queen's Fellows〜yuming 30th anniversary cover album
 (2002)



Amazon.co.jp : Queen's Fellows

HMV : Queen's Fellows (試聴できます)


You Tube/椎名林檎「翳りゆく部屋」

わたしは、「80年代までのユーミン」のファンでございます。
おや、あなたもそうですか、奇遇ですね。
ええ、もう何年もユーミン、聴いてません。 ある時期までは全てのアルバムを揃えてたんですが。
このトリビュート・アルバムのこと、遅ればせながらに知りました。 なるほどデビュー30周年記念ですか。
タイトルちょっと見ると、クイーンのアルバムかと思っちゃいますね。 ジャケットも洋楽っぽいし。
はい、わたし横文字は苦手です。

気に入ったトラックについて一言二言・・・

トラック1 鬼束ちひろって聴いたことなかったけど、いい声ですね、歌うまいですね。
     原曲よりもアレンジはシンプルなのに、深くて大きい「守ってあげたい」素敵です。
トラック2 スピッツ「14番目の月」。 うわあ、ブルースになってますよ。 カッコイイなあ。
     こういうふうにも演奏できるのかと耳からウロコがぼろぼろ(え、キタナイ?)。 
トラック4 井上陽水「甘い予感」。 何を歌っても陽水ワールド、凄いヒトですね。 鮮やか力技。
     今度は、大塚愛の「さくらんぼ」を歌って欲しいな。 ええ、怖いもの聴きたさです。
トラック5 自らの不明を恥じねばなりません。 原田知世ってこんなに歌が上手かったとですかー。
     ジャズ風アレンジで「チャイニーズ・スープ」、漂うような軽やかさが魅力的。
トラック7 小野リサといえばやはりボサノヴァ、ハスキーヴォイスにせつなさ倍増の「あの日にかえりたい」
     一番泣けます、最高にしみます。
トラック10 クレイジーケンバンドの浪花節風「COBALT HOUR」、あえて原曲そっくりのアレンジに笑いが。
     これ真面目にやってるんでしょうか、ふざけてるんでしょうか。 よくわからんが面白すぎる。
トラック12 田島貴男(オリジナル・ラヴ)の「時のないホテル」・・・・怪しい、怪しすぎる。
     熱帯雨林でオオトカゲが歌っているみたいな(どんなんや)ねっとりじっとりヴォーカル。 一度聴いたら忘れられません。
トラック13 椎名林檎の鮮血ほとばしる「翳りゆく部屋」。 初めて聴いたとき背筋に電流が走りました。 
     この上品な少女趣味の曲を、ゴシック&スプラッタな世界へ叩き込む歌唱、恐るべし!

原曲の持つパワーが大きいから、これほどのカバーアルバムが作れるのでしょうね。 
なんだか久しぶりにユーミンが聴きたくなってきましたな。
あなたは何がお好きですか? わたしは流線形’80かなあ。

(05.10.3.) 

「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ