グローヴァー・ワシントン・Jr. / ワインライト(1980)


Amazon.co.jp : Winelight


懐かしのフュージョン。 最近は「スムース・ジャズ」って呼ぶそうです。

サックス奏者・グローヴァー・ワシントン・Jr. がソプラノ、アルト、テナーを持ち替え
名だたるミュージシャンをバックに従え、ソフトでゴージャスで都会的な音を聴かせてくれます。

初めて聴いたのは友人Kの下宿。 田んぼの隣りだったなあ。
冬は隙間風、夏は蛙がやかましい部屋でしたが、
これをかければあら不思議、気分(だけ)はマンハッタン、摩天楼、パーティのさざめき。 
若くて単純って素晴らしい (というか、おめでたいぞ)

「チョッパー・ベース」なる言葉を初めて聞いたのもこのとき。
「ここ(1曲目2分23秒)からの、マーカス・ミラーのチョッパー・ベースが、格好ええやろ」
「おお、ええなこれ。 ところで、チョッパー・ベースって何や?」
「そ、そりゃあ、チョッパーなベースや、チョップや、こう、ベシッ、ベシッと・・・」
・・・説明してもらっても良くわかりませんでしたが、とにかく格好良かったので自分でも購入、
擦り切れるまで聴きました(当時はLPでした)

 Winelight(live)
 

ビル・ウィザースのヴォーカルをフューチャーした5曲目「Just The Two Of Us」が大ヒット。
「クリスタルな恋人たち」という、いま考えればトホホな邦題がついてました。

 Just the Two of Us(live)
 

この季節にいいな、と思うのが3曲目「In The Name Of Love」
優しく歌うようなサックスの音色がとても暖かいです。

(05.12.6.)

「お気に入り音楽箱(ノン・クラシカル)」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ