コクトー・ツインズ/トレジャー
Cocteau Twins/Treasure
(1984)



Amazon.co.jp : Treasure

HMV : Treasure

Tower@jp : Treasure




 「毎日弾いていれば、そのうち音程は良くなってきますよ」

チェロの先生のこの言葉を、心のよりどころにしています。
とにかく音程が安定しません。
まあ、弦楽器にとって音程は永遠の課題、正確な音程でメロディが弾ければ、半分マスターしたようなもの。
あとの半分は音色とか表現とかカッコイイ弾き方とか(?)です。

しかし、「毎日弾く」のが意外と難しい。
仕事とか、飲み会とか、プールで泳いで疲れたりとか、娘に「勉強の邪魔!」と言われたりとかで、思うようにいきません。

ここはひとつ、音楽の女神の御加護でも欲しいところ。

さて女神と言えば連想するアルバムが

 コクトー・ツインズ/トレジャー(1984)

その耽美的・神秘的サウンドにより、80〜90年代のイギリス音楽シーンで独特の存在感を発揮したグループです。
「コクトー」といっても「黒糖あめ」とは関係ありません(あたりまえじゃ)。
ついでに言うと、「ジャン・コクトー」とも関係ありません(へえ)。
えーと、グループ名の由来は何だったかな・・・? 
忘れたので知りたい人は自分で調べてください(←てきとう)

このアルバムの全10曲のタイトルは、すべてギリシャ神話に登場する女神の名前からとられています。
エフェクトの効いたゴシックでロマネスクな音の迷宮を、エリザベス・フレーザーのヴォーカルが浮遊。
裏声は天使、地声は魔女を思わせる、深みと味わいのある歌唱に、下々どもはただひれ伏すのみ。

しかし甘口BGM音楽なのかと思えばさにあらず、
繰り広げられるはかなり酸味の効いた音世界。
呪術的・土俗的な響きは聴く人を選びますし、加えて言えばかなり地味なんですが、
聴けば聴くほど味が出る音楽と個人的には思っております。
ただし聴き過ぎると夜中にうなされたりするかもしれません。

残念なのは、「音楽の女神」である「ミューズ」が含まれていないことです・・・(ご利益ないやん!)。

(2013.2.18.)


Aloysius


「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ