ラロ・シフリン/ピアノ作品集
(ミリアン・コンティ:ピアノ)



Tower : Lalo Schifrin/Piano Works



おはようフェルプス君。
さて今回きみに紹介するブツは、ラロ・シフリンピアノ作品集だ。

ラロ・シフリン(1932〜)は、「スパイ大作戦(ミッション・インポシブル)」「ダーティー・ハリー」「燃えよドラゴン」などの音楽を担当した作曲家だ。
2022年現在まだ健在らしい、めでたいことだ。

「スパイ大作戦」のテーマは、永遠の名曲であると言えるだろう。

 Main Theme from "Mission Impossible"
 

カルロス・サウラ監督の映画「タンゴ」(1998)のテーマ曲も風雅で格調高い。

 

初期の作品である「ジャズ・ピアノ・ソナタ」(1963)も面白い。
カプースチンに似ているが、カプースチンほどジャズジャズしていなくてクラシカルというか・・・やっぱり映画音楽風だ。

 第3楽章
 

エレガントなイージーリスニングという感じだが、妙に前衛的でもなければ小難しくもなく、洒落たメロディを素直に楽しめる曲が並んでいる。
なお演奏者のミリアン・コンティは作曲者とともにピアノ版への編曲にかかわっているらしい。

 踊りと月(2005)
 

そこで君の使命だが、このCDをよく聴いてじっくりと味わうことだ。
ただし例によって君もしくは君のメンバーが捕えられあるいは殺されても当局はいっさい関知しない。
なお、このCDは自動的に消滅することはない。

健闘を祈る。

(2022.06.11.)

「更新履歴」へ

「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚 (索引)」へ

HOMEへ