ロッシーニ/弦楽のためのソナタ集
(イタリア合奏団)
(デンオン COCO-70512/3  2枚組 1500円)



Amazon.co.jp : ロッシーニ:弦楽のためのソナタ

HMV : ロッシーニ/弦楽のためのソナタ icon

Tower@jp : ロッシーニ:弦楽のためのソナタ(全6曲) ドニゼッティ:弦楽四重奏曲 第3番/第5番

皆様は、朝の目覚めはどのようにされていますか。
わが家では、タイマーつきのミニコンポに、クラシックのCDをセットしてます。
選曲は私の役目。 6時30分きっかりに大音量で鳴るようになっております。 
時々、休日に解除するのを忘れて、家族に怒られます。

さて、最近わが家のミニコンポにおさまっているのが、このCD。
ジョアッキーノ・ロッシーニ(1792〜1868) は、「セビリアの理髪師」などで有名なイタリアのオペラ作曲家。
この「弦楽のためのソナタ集」は、なんと12歳の時の作品です。
まだ本格的に作曲を学んでいなかったロッシーニが、
ハイドンやモーツァルトのクァルテットをお手本に、見よう見まねで書いた音楽ですが、
それこそ「イタリアのカンタービレ」を楽譜に書いて額に入れて床の間に飾ったような名品です。 
独創性にも欠けていません。
のちの大オペラ作曲家を予見させる、したたるような美しいメロディが次々に現れます。
音楽仲間達と合奏するために作曲したもので (「バンドやろうぜ!」みたいですね)
ヴァイオリン2、チェロ、コントラバスという変わった編成は、
たまたま近くにヴィオラを持ってるヤツがいなかったためとか。

イタリア合奏団は、モーツァルトに勝るとも劣らないこの天才少年の作品を、
遅めのテンポで歌心たっぷり・濃密に演奏しています。

気持ちよい目覚めを約束してくれる音楽です。
ただし注意が必要なのは、あんまり気持ちよい音楽なので、また寝てしまいそうになること。
大音量で鳴らす必要性はここにあります。

 ロッシーニ:弦楽のためのソナタ第3番・第1楽章(このCDの演奏ではありません)
 

(03.5.16.記)


「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ