ニック・ロウ/ザ・ローズ・オブ・イングランド
(Nick Lowe/The Rose of England)
(1985)



Amazon : The Rose of England

ウエスト・ロンドンの銀狐

ニック・ロウ/ザ・ローズ・オブ・イングランド(1985)

1980年代にCDがすり減るほど聴いた名盤。
ながらく廃盤/入手困難でしたが、去年めでたく再発されたそうで、私も久々に古いCDのほこりを払って聴いてみました。
うわ〜、なつかし〜、80年代の黒歴史 想い出がよみがえります。
リードナンバーはやっぱりこれかな。

 I Knew The Bride When She Used To Rock And Roll
 

「僕は花嫁がロックンロールしてた頃を知ってるんだぜ」という説明的で長いタイトルですが、曲はポップでストレート。
理屈抜きで楽しいカントリー・ロック・ナンバーです。
ちなみにこの曲ではヒューイ・ルイス&ザ・ニュースがバックを務めてます。

 The Rose Of England
 

刺激的なところはありませんが、きっちり老練に練り上げられた、完成度の高いポップ・チューン。

昨日(土曜日)は隣県に行く用事があったので、高速を走らせながらニョウボとふたりこのアルバムを聴きました。
天気は晴れ、春は爛漫、桜は満開。
ドライブしながら聴くと最高でした。
最高すぎて涙がちょちょ切れます。
おまけに鼻もムズムズしてきます・・・・・・ハックショイ! おいこりゃ花粉症だ!

今日(日曜日)も天気が良かったので、花粉にめげず近くのお城にお花見に。
"The Rose of England"ならぬ"The Cherryblossom of Japan"を満喫しました。

花粉なんかに負けないぞー!
明日から仕事です。



(2018.4.1.)

「音楽の感想小屋」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ


「いろりばた(掲示板)」へ

コメントはこちらにどうぞ