ロドリーゴ・イ・ガブリエーラ/激情ギターラ!
Rodrigo y Gabriela

(2008)


Amazon.co.jp : 激情ギターラ!(初回生産限定盤)(DVD付)

Amazon.co.jp : 激情ギターラ!(通常盤)

HMV : Rodrigo y Gabriela (国内盤)icon

HMV : Rodrigo y Gabriela (輸入盤)icon

Tower@jp : Rodrigo y Gabriela


暑さ寒さも彼岸まで。

というわけで、めでたく春になりましたが、発売されたばかりのこのアルバムを聴いたら、春を飛び越していきなり真夏になっちゃった気分ですよ。

メキシコ出身で、ダブリンを本拠とする男女ギター・デュオ、ロドリゴ・イ・ガブリエラ Rodrigo y Gabriela
アコースティック・ギター2本のみ、ベースもドラムスも使いません。
パーカッションのような音がしますが、これはギターの胴を叩いているのです。
もちろんヴォーカルもなし。ギター2本で勝負。
聴きだすともう止まりません。

 

マリアッチ、フラメンコ、ジプシー・ギター、ロック、ジャズ、ケルティック・ミュージック、津軽三味線(←嘘です)など
いろんな音楽の要素を咀嚼・消化して、超絶テクニックで聴衆を興奮のるつぼに叩き込みます。
熱いです。 理屈じゃないです。 
いきなり原初な本能を刺激され、動物的に盛り上がってしまいます。
どの曲も同じに聴こえるのも、いっそ潔いくらいです。

オリジナル曲にまじって、レッド・ツェッペリン「天国への階段」が収録されています。
私は原曲を知らないので、編曲の妙を楽しむことはできませんが、綺麗な曲ですね。

"Ixtapa"という曲には、ジプシー・ヴァイオリンの名手・ロビー・ラカトシュがゲスト参加、
ジャンゴ・ラインハルトステファン・グラッペリの再来のような楽しいノリを聴かせてくれます。

そして恐らくベスト・チューンの"Diablo Rojo"、この曲のコード進行って、「ラ・フォリア」と同じじゃないですか?(違うかな)

 

しかし日本盤のタイトルは・・・「激情ギターラ!」・・・もう少し何とかならなかったんでしょうか、これ?
ま、インパクトあるといえばあるけど。

(08.3.27.)


「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ