ライヒ/18人の音楽家のための音楽
(アンサンブル・モデルン)



Amazon.co.jp : Reich: Music For 18 Musicians / Ensemble Modern

HMV : Reich/Music for 18 Musicians icon

Tower@jp : S.Reich: Music for 18 Musicians/Ensemble Modern


じつはウチのニョウボは
「ミニマル・ミュージック・アレルギー」
であります。

延々続くしつこい繰り返しに「キーッ」と言いそうになり、それでも聴いているとアタマがクラクラしてきて、
それでも聴き続けるとジンマシンが出る(かもしれない)という、じつに面白い 気の毒な体質です。

とくに抗原性が高いのがスティーヴ・ライヒの音楽。
なので私は、家ではほとんどライヒを聴くことができません(イヤホン派ではないもので)
かといって車の中で聴くのも危ないですよね(トリップして事故りそう)


でも今はたまたま、ニョウボがムスメふたりを連れて出かけています。
しめしめであります。
ひさびさに大きな音でミニマル・ミュージックが聴けます。
スティーヴ・ライヒ最高傑作といわれる「18人の音楽家のための音楽」を聴きましょう!

短いリズム・パターンが、反復され、増殖し、変容してゆく万華鏡音楽
機械的・無機的な音楽に聴こえるかもしれませんが、
18人の生身の人間が見事なチームワークで作り上げる、熱い血の通った芸術であります。
延々1時間近くも演奏し続けるには、並々ならぬ体力と技術と熱意が必要でしょう。

You Tubeで、アンサンブル・インテルコンテンポランによるライヴ映像を見ることができます(アンポンタンと言いそうになるなあ)。

  Music for 18 Musicians
 

・・・な、なんという、魅力というか、魔力のある映像でしょう。
見始めると、途中でやめられなくなります。
一時間があっという間。
・・・わわっ、家族が帰ってきたっ!

「あっ、おとーさん、またシツコイ繰り返しの音楽聴いてるっ!」


・・・俺、俺さあ、こんど家族が出かけることがあったら、そのときこそ「18人の音楽家のための音楽」を心ゆくまで聴くんだ・・・(←死亡フラグぽい)

(09.5.16.)

「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ