ガーシュイン/ピアノ協奏曲&ラプソディ・イン・ブルー
(アンドレ・プレヴィン独奏 アンドレ・コステラネッツ指揮)
1960年録音



Amazon.co.jp : ガーシュウィン:ピアノ協奏曲&ラプソディ・イン・ブルー

HMV : プレヴィン・プレイズ・ガーシュイン icon


おお、この名盤がCD化されたとは!!

ガーシュインピアノ協奏曲ラプソディ・イン・ブルー

ラプソディ・イン・ブルーのほうは、TVドラマ「のだめカンタービレ 」のオープニング・テーマとしてかねてから人気も高く、
ますますご清祥のこととお慶び申し上げるきょうこの頃ですが、それほど有名でないのがピアノ協奏曲
でもこれ実は全盛期のガーシュインが才能のすべてを注ぎ込んだ名曲でございます。
雰囲気は、ラプソディ・イン・ブルーをちょっと上品&重厚にした感じ。
じっくり・ていねいに作られていて、聴き飽きません。

このピアノ協奏曲を、アンドレ・プレヴィンは1960年、71年、84年と3回も録音しています。好きなんでしょうね。
後になるほど磨きがかかり、格調高くなりますが、その反面失われたものも。
熱くJAZZYなノリ、荒削りな勢いの良さという点では、やっぱり1960年にハリウッドで録音されたこの盤がサイコー。
当時31歳のアンドレ・プレヴィンはジャズ・ピアニストとしても数々の名盤を録音中、
そのイキオイで臨んだガーシュイン、バックはジャズや軽音楽を得意とするコステラネッツ
きわめて粋で洒落た名演奏となりました。

全曲ほぼすべて聴きどころですが、あえてあげるならば、

第1楽章・第2主題のはじけるようなリズム(5分28秒〜)
終結部・やんちゃな若ウマのようにテンポを速めて軽やかに走り抜けるピアノ(11分16秒〜)

第2楽章、ミュートがかかったブルージーなトランペットのイントロ(これも雰囲気出てるな〜)に続くピアノ主題のツンと澄ました可愛らしさ(トラック2の3分25秒〜)
10分10秒〜のクライマックスは、作曲者名を伏せて聴かせたら、ラフマニノフと答える人続出のロマンティックが止まらない箇所。

第3楽章
は荒々しいロンド、それまでの主題が順次回想されます。
最後に第1楽章第1主題が堂々と再現されるなど、構成的にも押さえるとこ押さえてます。

 

ラプソディ・イン・ブルーも、小股の切れ上がった粋な演奏となっております。
「シュッとした演奏」とでも言うんでしょうか、とにかくそういう感じ。

この録音、永らくCD化されなかったので、すっかりあきらめていたのですが、今になって出るとは・・・。
もう他の演奏聴く気がしなくなっちゃいます。

(07.9.16.)


2度目の録音(1971)

3度目の録音(1984)
Amazon.co.jp : PianoConceto, Rhapsodie in Blue Amazon.co.jp : ガーシュウィン:ピアノ協奏曲
HMV : Gershwin/Piano Concerto/Previn icon HMV : Gershwin/Piano Concerto/Previn icon
Tower@jp : Andre Previn/Gershwin: Concerto in F Tower@jp : Gershwin:Piano Concerto in F,




音楽の感想小屋」へ


「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ