岡田鯱彦/薫大将と匂の宮(1950)
(扶桑社文庫 2001年)



Amazon.co.jp : 薫大将と匂の宮―昭和ミステリ秘宝


<ストーリー>
 紫式部の源氏物語、その最後の部分は、薫大将匂の宮という二人の貴公子と、
 浮舟という女性の三角関係の話となり、どこか唐突に終わっているそうです。
 ・・・じつは紫式部は、日に日に緊迫の度を増す彼らの関係に耐え切れず、ついに筆を折ったのでした。
 そしてある日、悲劇は起こります。
 薫大将の妻となっていた浮舟が、額を割られたむごたらしい死体となって宇治川に浮かんだのです。
 殺人の嫌疑は薫大将にかかり、 紫式部は真相を明らかにするべく立ち上がります。
 いっぽう、ライバル清少納言も、事件についてはなにやら考えある様子で・・・。


源氏物語の世界を舞台にした中篇ミステリ。 いやあ、50年以上も前に書かれたとは思えません。
小説の登場人物の間で殺人が起こり、作者が探偵役をつとめるという、
メタ文学的な趣向も、違和感なく決まっていて、ある時期の筒井康隆を連想します。

ともに光源氏ゆかりのふたりの貴公子ですが、
薫大将は、全身からすばらしい芳香を発するという特異体質の持ち主
(それって、体臭がきついだけじゃあ・・・という突っ込みは、この際無視します)。
対する匂の宮は、香を焚く天才。どんな香りも思うがままに作り上げるだけでなく、
その嗅覚は人間離れしています。
「犯人」の用いたトリックは、わりと早い段階で見えてきますが、
シンプルでありながら物語の設定に深くかかわった、「これしかない!」というもの。
解決もきわめて論理的で、しっくりきます。
特異な設定をそのままトリックに利用するというのは、最近の日本のミステリに多く見られる手法ですが、
これはその先駆的な作品と言えます。

作品全体が、現代語に訳された源氏物語のパロディのような、長い長いダラダラとした、
でもミヤビな文章でつづられていて、いみじくもあわれでいとおかしでありまして、
そのほかにも岡田鯱彦の短編作品が11篇もおさめられていて、
「新釈雨月物語」「竹取物語」など、日本の古典文学を下敷きにした、味わい深い作品ぞろいであるうえに、
とくに「艶説清少納言」(1953)は、この才女の、いかにもあり得たかもしれない恋物語を
コメディタッチで描いた楽しい(でもちょっと可哀想な)作品であるのでした。
(とまあ、このような文体です)。
今読んでも全然古くさくないのは驚異ですが、考えてみれば古典に材をとっている以上、
これ以上古びようがないだけなのかもしれません。
とにかく違和感なく読めます。

ひとつ文句をつけたいのが、カバーイラスト。
紫式部が、無骨なオバサン顔に描かれていて、悲しくなります。
本書の内容は、このイラストよりずっと洒落ていますので、念のため。

作者・岡田鯱彦(1907〜1993)の本職は、大学の国文学の教授。
執筆は1960年でやめてしまったものの、教授のほうは定年まで勤め上げ、
その後も短大で教鞭をとっていたそうです。
(04.1.12.記)


「本の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ