カール・ハイアセン/復讐はお好き?
(文春文庫 2007年)


Amazon.co.jp : 復讐はお好き? (文春文庫)

<ストーリー>
「あの男、許さない!」
結婚2周年を記念したクルーズ旅行で、
豪華客船から夜の海に突き落とされた美貌の若妻ジョーイ・ペローネ
突き落としたのは夫で生物学者のチャズ
世捨て人のように暮らす元警官ミックに救助され
奇跡的に九死に一生を得たジョーイは、
自分は死んだと思わせたまま、徹底的に意地悪な仕返しに着手する。


いやあ、奥さんを大事にしないとえらいことになりますね。

昨年の「このミステリーがすごい!」などで高い評価を得た小説ですが、
はっきり言って全然ミステリじゃありません。
ドタバタ・コメディですねこれは。
笑いながらサクサク読んでスカッとできる作品、こりゃ面白いわ。

奇人変人のオンパレードですが、何といっても夫のチャズ・ペローネが最高。
口がうまくて身勝手で、卑怯で、短絡的で、冷酷で、スケベな、悪いやつなんですが、
同時に悲しいくらいお間抜けで小心者、なんだか憎めません。
殺したと思った妻ジョーイに追い詰められる姿に、ちょっぴり同情心までわいてきます。
あくまでちょっぴりですが。

ほかにも、巨大な蛇を2匹も飼ってる刑事とか、
道路わきに立ってる十字架(交通事故の慰霊碑)を抜いてはコレクションしている毛むくじゃら用心棒とか、
人間より羊が何倍も好きなジョーイの兄などが入り乱れて、
豪華原色変人図鑑の様相、妻を殺した(と信じている)チャズをいじめまくります。

ベット・ミドラー主演の「殺したい女」(1986)という映画を思い出しました。
富豪の妻(ミドラー)が誘拐され、身代金を要求する脅迫状が届きます。
ところが、妻の尻に敷かれていた夫は大喜び。
すぐに警察に知らせ、身代金は出し渋り、妻を殺してくれといわんばかり。
いっぽう妻は、誘拐犯たちと意気投合し、冷たい夫に復讐を計画する、というもの。

うーむ、奥さんを怒らせると大変なことになるのですね・・・。
普段から大切にしておかなくてはいけません。

え、お前のところはどうなのかって?
決まってるじゃないですか、我が家は円満ですよ、何を言っているんですか。
う、疑うんですか? いやだな、あは、あは、あはははは・・・。

(08.6.29.)

「本の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ