フランツ・シュミット/交響曲第1番
歌劇「ノートルダム」より

ヴァシリー・シナイスキー指揮 マルメ交響楽団


Amazon.co.jp : Schmidt: Symphony No. 1; Notre Dame

HMV : Franz Schmidt/Symphony No.1 icon


ドイツ後期ロマン派の作曲家
 
 フランツ・シュミット(1874〜1939)。

いま「誰やそれ?」って言いませんでしたかアナタ?

まあ、言われても仕方ない人ではあります。

ウィーン音楽院でブルックナーに学びました。
代表作は4曲の交響曲、歌劇「ノートルダム」、オラトリオ「七つの封印の書」など。。。。 ですが、あまり知られていません。

同世代に、フローラン・シュミット(1870〜1958)という作曲家もいて(親戚ではない)、さらにややこしいです。名前似すぎ。


フランツ・シュミット交響曲第1番(1899)は、4楽章、45分の大作。
確かなテクニックを駆使して、手堅くがっちり書かれた、正統派交響曲です。
前衛的・先鋭的なところはなく、「ブルックナーとブラームスの正しい後継者」って感じですが、はっきり言って相当良い曲であります。
スケール大きく、オーケストレーションは巧み、絢爛豪華で、繊細な美しさにも不足せず、流麗によく歌い・・・、
25歳でこれほどの曲を書くとは、スンバラシイ才能の持ち主であります。

 フランツ・シュミット:交響曲第1番・第4楽章
 

ただ、作曲された1899年という時期を考えてみると・・・。
20世紀のとば口です。

シュミットより14歳年上のマーラーはすでに第3番までの交響曲を発表、「交響曲をぶっこわすっ!」と言わんばかりの誇大妄想的アグレッシヴ路線を邁進中。

また10歳年上のR・シュトラウス「ツァラトストラはかく語りき」「英雄の生涯」などの、いまだかつてない独創的な交響詩を量産中。

そして同い年のシェーンベルクは、名曲「浄夜」を完成。
その後も「新しい音楽」を捜し求めて切磋琢磨し、10年後に必殺技・十二音技法を編みだします。


これら同時代の天才たちと比べると、シュミットの保守ぶりはやはり際立っています。
ブルックナー、ブラームスが創りあげた「ドイツ・ロマン派の殿堂」を賛美し、
偉大なる遺産を守り続けていたら、いつしか時代に取り残されちゃった、みたいな感がありますねえ。


でも、こういう人、なんとなく好きというか、親近感わきます。
というかシュミットのほうが普通ですよ絶対。
天才はどこかおかしいです(そこが凄いんですけど)


シュミットの名誉のために言っておくと、存命中は正統派ドイツ音楽の担い手として、高く評価されていました。
妻の精神病、娘の死など、不幸に見舞われながらも力作を発表、
晩年の作品である「交響曲第4番」「七つの封印の書」などは思索的で重々しい傑作として知られ、私など最後まで聴き通せたためしがないほどです。


 でも「交響曲第1番」は大丈夫、するする聴けます、いい曲です。


濃厚系ロマン派音楽がお好きな方、ブラームスの交響曲、好きなんだけど聴き飽きたという方、是非どうぞであります。

(09.9.16.)

「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ