エルガー/ヴァイオリン・ソナタ & 小品集
シモーネ・ラムスマ(vn) 三浦友理枝(pf)
(Naxos 8.557984)


Amazon.co.jp : Elgar: Violin Sonata

Tower@jp :Elgar/Violin Sonata

HMV : Elgar/Violin Sonata icon

私が学生時代を過ごしたロンドン郊外の下宿には、さまざまな人種の若者たちが暮らしていました。
家主のウェスト夫人はエルガーの愛好者、中庭に面したリビングには古いアップライト・ピアノが置かれ、
午後のお茶の時間に、いろいろな曲を聴かせてくれたものでした。。。。

というのはですが、ついそんなことを空想してしまう、素敵なアルバムです。(イギリス、一度行ってみたいなあ)

エルガーヴァイオリン・ソナタは、のだめカンタービレ 第6巻のカッチョイイ演奏シーンのおかげで
一躍大人気となった名曲。
MIDORI盤 がよく売れているそうですが、私は未聴(メニューイン盤を持ってました)

しかし、ナクソスからこのたびリリースされた本CDもなかなか良いです。
オランダ生まれの若いヴァイオリニストシモーネ・ラムスマ、情熱的でロマンティックな演奏ですねぇ。
嵐のような第1楽章冒頭から、聴くものを音楽の中に引きずり込む力を持っています。
一転、第2楽章「ロマンス」では、風の流れや木の葉のそよぎを感じさせてくれる、デリケートな演奏。
エルガーの妻アリスは、このソナタについて「とらえどころがない、繊細な”森の音楽”」と語りました。
そして第3楽章の、スケールの大きいこと。 華々しいです。 若々しいです。 輝くようです。
ピアノは、最近売り出し中の三浦友理枝、息の合った、美しいアンサンブルを聴かせてくれます。
プライベートでも、友人同士のようですね。

 三浦友理枝の公式HP → クリック

さて、ソナタも良いですが、後半がまた素晴らしいです。
エルガーのヴァイオリンとピアノのための小品が、11曲も収められています。
エルガーのヴァイオリン曲といえば、「愛の挨拶」が突出的に有名ですが、
じつは素晴らしい曲がたくさんあるのですねえ。 イギリス紳士らしい、ジェントルでノーブルな作品ぞろい。
時間を忘れて聴き入ってしまいました。

 エルガー/ヴァイオリン・ソナタ 第1楽章
 

(06.10.29.)



「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ